会えない時間 男性心理

会えない時間における男性心理

スポンサーリンク

女性と会えない時間、男性の心理としては会えない時間が長すぎるようであれば会いたくてしかたないのですが、基本的にはあまりベタベタと長時間会う事は望まない方が多いと思います。
女性と違い男性は、自分一人の時間を大切にしたい方が多いですから男性心理としては、週に一度くらい会えれば十分だと思います。
あまり、女性の側から追いかけられてしまいますと男性は疲れてしまい、あまり追いかけられると逃げたくなりますので、掌で転がすというわけではないですが、女性の側でコントロールするくらいで良いのではないでしょうか。
会えない時間が少ないほど、マンネリもなく、男性心理としてはより会いたくなるので上手く焦らして、会えない時間を上手く利用することが大事だと思います。
男性心理は、女性が考えるよりもずっと単純です。
はっきり言って、男性は女性には勝てませんので、会いたいと思うのではなく、男性に会いたいと思わせることが重要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

会えない時間は、恋人になりたての頃はとても強いものでしょう。
しかし、その時間はそれほど長くありません。
男性心理としては、いつも会える状態。
長く会える状態であれば、飽きてくる方が少なくありません。
遠距離恋愛は会えない時間が長すぎるがために、駄目になることが多いのですがあまりに距離が近すぎるのも、男性心理としてはマイナス要素だと言えるでしょう。
男性に比べ、女性の方が精神的に強く大人な方が多いので、会えない時間を上手につかい、男性心理を操ってください。
男性心理は単純で、子供と大差ありません。
女性は男を立てつつ、実は裏で手綱をにぎっているくらいが一番うまくいくと思うのです。
今は会いたい時間が長いのは辛いと思いますが、もし結婚までいくのであれば数十年一緒にいることになります。
今、もし、会えない時間が長いのであれば、それはある意味自分の時間がとれるということですので、その時間を楽しむくらいで良いのではないかと思います。

スポンサーリンク