会えない時間 女性心理

会えない時間の女性心理

スポンサーリンク

恋愛においてかけひきは必要なものです。
特に会いたいのに会えない、そんな時間をどう乗り越えるかで2人の関係性が決まります。
今回は会えない時間の女性心理について、紹介します。
付き合う前のカップルの場合、相手を思う気持ちが盛り上がり、早く会いたい、そのためにはどんな事も耐えられると時間が過ぎるのが早く感じます。
見た目や中身を磨こうと努力するため、モチベーションが高いと言えます。
付き合い始めて間もない場合、女性のタイプにより女性心理は異なります。
例えば、会えない時間がさみしすぎて強がりになってしまうタイプや、連絡を全く取らなくても心が繋がっていれば大丈夫というタイプもいます。
男性から見れば素直な方が可愛いと感じる人もいればそうでない人もいます。
会えない時間の女性心理はわかりやすいようでわかりにくく、考えている人は常に何かに悩んでいますし、彼といない時はプライベートを大切にする自立した「楽しめる女」もいます。
面倒な女性心理を理解せずとも自立した女はかっこよく見える為男性はこの手の女性を見つけると憧れます。

スポンサーリンク

メールで会えない時間の女性心理を読み解くと、シンプルに会いたいと伝えたり、寂しさをつのらせて八つ当たりする場合もあります。
相手の温度を確かめてから行動しないと関係性が崩れてしまう事があります。
例えば相手が仕事で頭がいっぱいで疲れているのにもかかわらず、女性からいかに辛いかなどを伝えるのはNGです。
相手をねぎらう心遣いこそ、会えない時間を乗り越える思いやりです。
逆に会えない時間の間に自分磨きをして相手を喜ばせようとする女性もいれば、浮気に走る場合もあるわけです。
男性と違い、女性は基本的に器用なため、同時に色んな事をこなせる人が多いです。
一途な人は特に、相手を思う気持ちはぶらさずに仕事に打ち込む事が出来るタイプが多く、天才肌、努力家の人が多いです。
会えない時間は言い換えると次に会うための準備期間です。
女性心理はよりラブラブでいたいと考えるところまでは同じですが、その方法つまりプロセスが人により異なる為、細かい部分まで女性心理に気づける男性はモテる人が多いです。

スポンサーリンク