告白 タイミング 遅い 原因

告白のタイミングが遅い原因について

スポンサーリンク

告白のタイミングが遅い人がいます。
これは仕方が分からなかったというより、決断できなかったというのが、その原因です。
 では、何故告白ができなかったのかと言えば、社会人ならば仕事がその原因となることが多いとされています。
 仕事が立て込んでいるときに、私事である恋愛にうつつを抜かすことはできないと考えている人は少なくありません。
 これは責任感から来る心理なのですが、放置された側からすれば、自分に対し興味関心がないのではないかと思われることになります。
 そのため、思いを告げても遅いと感じられることが多く、最悪の場合はもう交際している相手がいる、ということになります。
 告白のタイミングが遅くなる原因としては、社内規則により恋愛が禁じられている、というのがあります。
 これは職場恋愛だと起こりがちな話です。
社内規則で禁じられている行為に及ぶのは、誰にでも勇気がいる事柄だからです。
 この場合は、どちらかがその職場から離れれば、関係が一気に進展するのですが、そうなることは希です。

スポンサーリンク

 告白のタイミングが遅いと感じさせる原因としては、家庭内のトラブルも考えられます。
介護が必要な家族ができたのに、恋愛に費やしている時間がないとなれば、思いを封印するのも仕方がありません。
 これは相互理解により解消可能な問題だと言えます。
 単純に優柔不断なだけ、というのも考えられる話です。
これは思いを告げて、それを拒絶されたら、友達関係を続けるのも困難になるという恐怖心に根付いたものです。
 特に毎日職場で顔を合わせている同僚と気まずくなったら、後が面倒になるため、告白するのを避ける、という人は少なくありません。
 気がついたらクリスマスやバレンタインが過ぎていて、言い出せなくなったというパターンもあります。
これは多忙を理由としたもので、踏ん切りをつけるタイミングを見失った結果だと言えます。
 日本はイベントごとの多い国なので、そのタイミングに告白するという人が少なくありません。
しかし、裏を返せばイベント時でないと思いを告げるのが難しいため、それを外すと何も言えなくなる人が多いのです。
 勇気を振り絞ることが肝要だというのを、忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク