告白 押し 上手

告白上手は押し方のパターンを持っている

スポンサーリンク

恋をしている相手に自分の胸の内を告白をしようとするとき、良い返事をもらうために大事なことは何でしょうか。
タイミング、方法、ムードなど、些細なことで相手の受け取る印象は変わるものです。
もちろん相手があなたのことをどう思っているかが一番重要な要素ですが、好きか嫌いか、100点か0点かに分けられるほど人の感情はシンプルなものではありません。
あと一歩、最後のもう一押しができるかどうかでもらえる返事が変わることだってあるのです。
告白すること自体が勇気を振り絞らなければいけないことなのに、そんなに上手に押したり引いたりできるわけない、と思う方も多いでしょう。
しかし、なにも上手に告白する必要は無いのです。
あなたの気持ちがあと一歩で伝わるという感触があるのなら、そこでたじろがずにもう一押し、もう一歩進むことが大事なのです。
時には上手さよりも拙さがあなたの気持ちをよりストレートに相手に届けてくれることもあるでしょう。

スポンサーリンク

とはいえ恋愛上手、告白上手な人のテクニックは参考にしたいですよね。
恋愛に限ったことではありませんが、相手の気持ちを動かすことが上手な人は押しのパターンを豊富にもっています。
営業先の担当者の心をつかむことができる人は、先方の好みや考え方を研究していて常に最適なダメ押しの一言を用意しています。
それと同じように、告白する時にも相手の好みや考え方、どこが相手の大切にしているポイントなのかを知っているか知らないかで結果は大きく変わります。
告白の最後にダメ押しの一言を言えるかどうかの差は大きいのです。
そのためには誰にでもそこそこ喜ばれるような当たり障りのないロマンチックな一言ではなく、あなたが相手のことをいつも見つめている、理解しているということが伝わるオーダーメイドの言葉が効果絶大です。
その一押しがあなたの熱い想いをより鮮明に相手に伝えてくれます。
上手な告白というのは、自分のためだけに用意された言葉だと相手が実感できるような告白のことではないでしょうか。

スポンサーリンク