告白 切り出し方 自然

告白をする時は自然な切り出し方を心がけましょう

スポンサーリンク

好きだから付き合ってほしいと告白する時は、何よりも切り出し方が大事になります。
そして、それが自然であればあるほど、相手の心をとらえやすいものです。
これは男性であっても、女性であっても同じことです。
しかし、どのようにすれば自然な切り出し方ができるのか、これはなかなか難しいといえます。
一番いい方法は、別れる際に何気なく切り出す、二人きりになった時、しかもあまり周囲がうるさくない場所にいる時に、それとなく持ち出すといった方法でしょう。
たとえばドラマとか映画のように、雰囲気のいいレストランなどで自然な告白をしようとしても、なかなかうまく行かない場合もあります。
それは、周囲の雰囲気に飲み込まれてしまいがちになるからです。
特に知り合ってからまだ日が浅い場合は、格好をつけようとして張り切りすぎてしまい、結局うまく行かないということもあります。
それなりの雰囲気の場所は、たとえばプロポーズの時などのために、取っておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

相手に面と向かっての切り出し方ができにくい場合は、電話で告白するという方法もあります。
ただし電話の場合、相手の今の状況が見えにくいため、電話をしてもいいかどうか、必ず断ってからにしましょう。
相手がばたばたしている時に電話をして、付き合ってほしいと告白しても、決して好感を持たれません。
自然な切り出し方をしたい場合には、パーティーをしたり、誕生日のプレゼントを渡したりする時に告白するという方法もあります。
こういう場合だと、少々気取った表現で告白しても、不自然にならず、むしろその場の雰囲気を盛り上げるような切り出し方になり、相手も悪い気持ちはしないものです。
また、自然な切り出し方を意識するあまり、不自然な告白になってしまうことがあります。
切り出し方はケースバイケースですから、あくまでも自分と相手が波長が合いそうな時に、思い切って切り出すのがいいのです。
ただし二人きりになったからといって、相手が調子が悪そうな時、忙しそうな時は避けましょう。

スポンサーリンク