告白 表情 大切

告白する時は表情やその場の雰囲気も大切です

スポンサーリンク

今では、女性が男性に告白するのも珍しくありません。
しかし肝心な時というのは、緊張して表情がこわばりがちなものです。
だからといって表情が硬かったり、あるいは下を向いたまま告白したりしては、せっかくの大切な思いを伝えることもできません。
好きな男性に告白する時には、明るい表情で、タイミングを見計らって切り出すようにしましょう。
このタイミングも、実は結構大切なのです。
なぜかといいますと、あまり周囲が騒がしい所で切り出しても、こちらの思いは伝わりにくく、かえって気まずくなってしまうこともあります。
ならば、雰囲気のいいカフェやレストランでと思っても、今度は周囲を意識しすぎてしまい、うまく行かないことがあります。
告白に最適な場所は、たとえば公園のベンチとか、2人で一緒に歩いている時、あるいは車の中などがいいでしょう。
話を切り出したいのに、なかなかそれにふさわしい場所が見つからない時は、電話という方法もあります。
しかし、できればやはり本人の口から告白した方がいいでしょう。
表情が見える分、相手に思いが伝わりやすく、こちらの思いを大切に受け止めてもくれるからです。

スポンサーリンク

なかなかうまく告白できない時は、誕生日やバレンタインデーなどを利用する方法もあります。
この時も、彼に直接プレゼントを渡すようにし、その時に、実は付き合ってほしいのと言えば、向こうもそう悪い気はしません。
無論それだけでは物足りないので、たとえば彼のどういうところが長所であるとか、どういう部分が自分に取って大切であるかなどを、言い添えてあげるとなおいいでしょう。
もちろん、この時も表情は大切です。
笑顔で、相手の目をまっすぐ見つめて話すようにしましょう。
表情がこわばったり、口ごもりがちになったりするのはよくありません。
大袈裟なことを言ったり、ことさらに表情を作ったりする必要はありません。
どこがいいと感じるのか、それだけでいいのです。
大切な機会なので、彼にマイナスのイメージを与えないようにしましょう。
それから、早く付き合いたいばかりに、まだ知り合って間もないのに告白するのもよくありません。
自分が大切に思われていないという印象を、相手に与えてしまいます。
やはり何度か会話をしたり、仲間内で遊びに行ったりして、ある程度親交を深めるようにしてから、話を切り出すようにしましょう。

スポンサーリンク