告白 服装 気をつけること

告白をする時の服装で気をつけることとは

スポンサーリンク

告白をする時の服装で最も気をつけることは清潔感があるかどうかです。
男女問わず不潔な人は嫌われやすいので服にシミが付いていたり、服がシワシワだったりすると告白が成功する可能性はかなり低くなってしまいます。
また、きれいな服を着ていても髪や爪が汚かったりすると全てが台無しになってしまうので服装以外にも気をつけることが大切です。
告白をするというのは特別なことなのでつい気合が入った服装をしてしまいがちですが、気合が入り過ぎていると相手が引いてしまうことがあるのでなるべく自然な服装で行くように気をつけることが大切です。
特にスーツを着て行くと相手が引いてしまう可能性が高いのでなるべくスーツは避けた方が無難です。
また、自然体で告白したいからといってジャージやスウェットを着て行くと相手に「自分のことをそんなに大切には思っていないのかもしれない」と思われてしまう可能性があります。
そうなると告白を成功させるのが難しくなるので、普段着より少しきれいめくらいの服装で行くように気をつけることが大切です。

スポンサーリンク

告白をする時の服装は季節に合っているかどうかにも気をつけることが大切です。
例えば、肌寒い時期なのに薄着をしていたり、暑い時期なのに厚着をしていたりすると変な人だと思われてしまうので成功率は低くなってしまいます。
逆に、暑い時期に白や青系のシャツを着て行くと爽やかで清潔感のある印象を与えることができるので成功率が高くなります。
告白をする時の服装はサイズが自分に合っているかどうかにも気をつけることが大切です。
もし服のサイズが小さ過ぎたり、大き過ぎたりすると相手からダサい人だと思われてしまうので成功率が低くなります。
告白をする時の服装はデザインが自分に合っているかどうかにも気をつけることが大切です。
相手の好みに合わせようとして自分には似合わないデザインの服を着て行っても成功率が高くなることはほとんどありませんし、むしろ低くなることの方が多いです。
そのため、告白をする時は自分に合うデザインの服を着て行くことが大切です。

スポンサーリンク