告白 両思い 勘違い

告白の前は冷静に、両思いであると勘違いしていませんか

スポンサーリンク

意中の人と話せるようになってくると「そろそろ告白をして付き合ってみようかな」と考えるはずです。
そのまえに、一度冷静になって、あなたと意中の人の関係を振り返ってみましょう。
もしかすると、両思いであるという考えはあなたの勘違いであり、告白を思い切って決意して行っても、成功しない場合があります。
では、どのようなケースがそれにあたるのでしょうか。
1つは、「いい人どまり」のケースです。
話がはずんでいるからきっと好意を持たれているだろうと考えるのは、あながち間違いではありません。
人は打ち解けているほど、自分の内面を開示しますから、話が円滑に進み、意中の人があなたに様々な話を持ち掛け話題が尽きなければ、少なくとも嫌われてはいないはずと考えることができます。
しかしながら、恋愛とはすべてをさらけ出すことばかりを指すわけではありません。
むしろ、相手を詮索せず、自分自身も秘密は秘密として尊重される安心感をもつような関係性の中でお互いに受け入れ合うことが良好な関係を築きやすい愛の形です。
もし、必要以上に会話が盛り上がるなら、それは好かれていても、いい人どまりであり、恋愛感情を持たれていないかもしれません。
両思いであると勘違いしやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク

もう一つ、告白をする前に両思いであると勘違いをしやすいのが、ボディタッチが多いといった相手のサインです。
本当に愛している相手であれば、末永く良好な関係でいようと考えます。
また、それ故に結婚のことも意識しますから、ボディタッチをはじめとする性的な行動は慎み、将来のことを考え、堅実に行動します。
結婚をして、出産などを意識するようになってから、誠実にそのような段階に入ります。
付き合う前の段階でボディタッチが多いということは、意中の人はあなたとの将来のビジョンを明確に描けていないということだといえます。
告白しても、遊びの恋愛のように受け取られてしまう可能性があります。
このように、一見良好な関係であっても、必ずしも両思いというわけではありません。
意中の人と両思いであると信じ告白する場合には、必ずその前に、意中の人の行動を念入りに観察し、両思いであるという認識が単なる勘違いではないのかどうかを確かめることが大切です。
告白は勇気がいります。
告白に失敗してしまえば大きな自信喪失につながりかねません。
思い切って挑戦する心を持ちつつも、できるだけ勘違いのリスクは減らし、もしもの時に傷つかないようにしなくてはいけません。
もちろん、このような兆候必ずしも勘違いではなく、意中の人とあなたがごく親しいケースであるという例外もあります。
両思いである、という勘違いにはくれぐれも注意しましょう。

スポンサーリンク