彼氏 作り方 中学生 告白

中学生の為の告白&彼氏の作り方

スポンサーリンク

【彼氏の作り方について】彼氏が欲しいなら、まず、男の子に好かれるようにならなくてはいけません。
男子中学生の好みというのは、余程ひねくれていない限り似通っている場合が多いです。
そこで、中学生の男の子にモテる女の子の最低限の特徴をあげてみました。
皆さんも彼氏の作り方、参考にしてみてください。
[その1 いつも笑顔]皆さんは、普通の見た目でいつも笑顔な人と、美しい見た目でいつも暗い顔をしている人、どちらがいいと思いますか。
殆どの人が、『普通の見た目でいつも笑顔な人』と答えると思います。
そうです。
例え美しい見た目をしていても、いつも暗い顔では人が寄ってきません。
笑顔なら、自然と人が寄ってきます。
中学生は、容姿だけでは判断しません。
表情にも気を配りたいところ。
貴方は、常に暗い表情をしていませんでしょうか。
笑顔を心がけるのが、彼氏の作り方第一歩です。
[その2 清潔感]清潔感というのは、とても大事です。
特に多感な中学生は、これらを非常に気にします。
もし清潔感がないと、周りから『汚い人』と思われてしまいますからね。

これは男の子だけでなく女の子にも嫌われてしまいます。
なので、毎朝髪を解かす、髪の毛はしっかり洗う、爪は短く切るなどのことを心がけましょう。
彼氏の作り方には、決まりや正解はありません。
なので、自分で彼氏の作り方を考えていきたいですね。

スポンサーリンク

【告白について】告白というのは、恋する中学生にとっては一大事イベントですよね。
彼氏の作り方には欠かせないところ。
どう伝えればいいかわからない、どうやって呼び出せばいいのかわからない、そう悩む方もいると思います。
そこで、今回は告白のコツを伝授。
参考にしてみてください。
[その1 呼び出し方]呼び出し方といっても、いろいろありますよね。
手紙や口頭、メールなど。
この中では、他人にバレにくいメールが好ましいかと思われます。
もし、メールが無理なら、手紙が良いと思います。
ただし、バレずに渡さないと、他の人に告白することがバレてしまう可能性があります。
もし万が一バレてしまったら、特に男子中学生は冷やかしがハンパないので痛い目にあうかもしれません。
それを避けたいなら、机の中にこっそりしまうのがいいと思います。
下駄箱よりバレにくいですからね。
[その2 告白の仕方]告白といっても、そんなに長々と言う必要はないです。
はっきり、正直に簡潔に自分の気持ちを伝えればいいだけです。
やはり、言う台詞としては、「好きです、付き合ってください」が、最もわかりやすくていいと思います。

とりあえず、告白の台詞は、『簡潔、素直に、はっきりと』が大切だと思います。
以上、彼氏の作り方でしたが、どうでしたか。
やはり、大切なのは相手を想う真っ直ぐな気持ち。
その気持ちを忘れずに、中学生らしい恋愛ライフを送ってください。

スポンサーリンク