歩きながら 告白 自然

歩きながら自然に告白する時に気を付けること

スポンサーリンク

女性に告白する時に何かと演出をしたがる男性は少なくありませんが、あまり凝った演出をされると女性は感動するどころか引いてしまうことがあります。
サプライズ演出などをされると感動するという女性もいますが、変に凝った演出をされるより歩きながら自然に告白されたいと思っている女性も決して少なくないのです。
歩きながら自然に告白するといっても成功率を上げるためにはある程度の演出をする必要があります。
例えば、何の変哲もない普通の道を歩きながら告白するより、春の桜や秋の紅葉がキレイな並木道や幻想的で美しいイルミネーションがある道などのロマンチックな道を歩きながら告白した方が成功率は高くなります。
ただし、いくらロマンチックな道でも人通りが多過ぎるとあまりムードが出ませんし、お互いの声が聞き取り難くなるので失敗してしまう可能性が高くなります。
そのため、なるべく人通りの少ない道を選ぶか人通りの少ない時間帯を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

歩きながら自然に告白する場合、なるべく自然に話を切り出そうとしてタイミングを計っているうちにタイミングを逃してしまうことがあります。
そのため、事前にどのタイミングで話を切り出すかをある程度決めておくことが大切です。
例えば、二人の会話が途切れたタイミングなら自然に話を切り出すことができます。
また、なるべくロマンチックな道を歩きながら告白した方が成功率は高くなるので、ロマンチックな道を歩いている時になかなか会話が途切れない場合は多少不自然になっても会話を途切れさせて話を切り出すことが大切です。
歩きながら自然に告白をする場合は当日の天気などにも気を付ける必要があります。
例えば、傘が必要になるくらい雨が降っている日や真夏の暑い日、真冬の寒い日などはあまりよい雰囲気にはならないのでなるべく避けた方が無難です。
また、相手が花粉症の場合は外に出ること自体が苦痛になるのでムードが良くなることはありません。
そのため、相手が花粉症の場合はなるべく屋内で告白した方がよいです。

スポンサーリンク