告白の仕方 文章 書き方

告白の仕方を正しい書き方で文章にすると

スポンサーリンク

告白の仕方には、様々な方法があります。
直接相手に伝えるのを一つの方法ですし、告白を文章にして相手に伝えるのも一つの方法です。
もし、あなたが告白に文章を用いるのであれば、あなたの伝えたいことを正しく文章にしなければなりません。
では、告白における正しい書き方とはどのようなものでしょうか。
告白する際の手紙の書き方には、3つのポイントがあります。
まず初めに伝えたいことを端的に表現することです。
端的に表現するとは、相手にわかりやすい文章で伝えるということです。
自分の気持ちを長々しく書いてしまっては、相手は、あなたが何を伝えようとしているのかわかりません。
同時に、手紙の書き手であるあなたでさえも自分の手紙に混乱してしまうでしょう。
これでは、せっかくの手紙での告白も、有効な告白の仕方になりません。
もし、あなたが本気で相手のことが好きで、付き合いたいと思っているのであれば、この最初のポイントは絶対に欠かせません。

スポンサーリンク

それでは、2つ目のポイントは何でしょうか。
それは、あなたの言葉で表現するということです。
これには、定型文のような決まった書き方があるわけではありません。
あくまで、あなたの言葉で気持ちを表現するのです。
告白の定番のような文章は、使い古されています。
つまり、誰でも一度は聞いたことのあるような言葉なのです。
そのようなありふれた言葉はどこか軽薄なイメージさえも持ち合わせています。
やはり、シンプルで強い言葉を自分の中で見つけることが重要です。
最後のポイントは、告白する際の口調です。
告白は、その時の雰囲気とあなたの告白の仕方で決まると言っても過言ではありません。
特に手紙で自分の気持ちを伝えるのであれば、手紙を渡す際、そして手紙の文字にまで細心の注意を払ってください。
手紙の文字は一生残ります。
渡してしまえば、やり直しはできません。
誤字脱字はできるだけ避け、丁寧な字で気持ちを伝えましょう。
あたなの真剣な気持ちが伝われば、きっと相手の方も受け入れてくれることでしょう。

スポンサーリンク