告白の仕方 メール 中学生 方法

中学生、メールを用いた告白の仕方と方法

スポンサーリンク

中学生ともなれば恋愛に対し強い興味のある年頃です。
しかし、告白の仕方がよく分からないし、直接思いを告げる勇気もないという人は珍しくありません。
 そういう場合は、メールを活用するようにしましょう。
口頭の方が本気だというのが伝わるのではないか、と考えている人が少なくないのですが、そもそも何も言わなければ何も始まりません。
 そのため、まずはメールアドレスを交換するところから始めましょう。
これは挨拶代わりにしたという感じにすれば、そんなに難しくありません。
 では、メールを用いた告白の仕方としては、何に気をつければよいのかと言いますと、必ず文面の中に好きという項目を入れることです。
 これは告白の方法としてはシンプルですが、中学生ならば遠回しな表現よりも、好きとか付き合いたいという風に思いを告げた方がうまくいく確率がアップします。
 また、真剣味を相手に伝えるためには、顔文字の使用は控えましょう。
冗談でやっているのだと思われないためには、文面を変えることも大切なのです。

スポンサーリンク

 結論を先に記すというのも、中学生が用いる告白の仕方としては有効です。
これは論文ではなく、途中過程が重視されるものではないからです。
 そのため、最初に付き合ってほしいという旨を記し、後にその理由を簡潔に記すという方法がシンプルかつ有力です。
 しかし好きだとしか書かないと、相手に思いがまるで伝わらないということが起きるため、他の文章も最低限添えておきましょう。
 メールを送るタイミングも重要です。
中学生だと習い事や塾通いなどで、メールをチェックする余裕がない局面が存在します。
そしてそのときに気付かずにそのまま放置されることもあるので、相手の自由時間をある程度把握し、そのときに送るようにしましょう。
 普段軽口で接している相手だからこそ、告白の文面は敬語にするという方法もあります。
これならば相手もいつもと調子が違うとすぐに気付き、真剣に応じてくれることが多いと言えます。
 勝負時には普段と調子を変えることもまた大切なのです。

スポンサーリンク