告白の仕方 中学生 line 文章

告白の仕方、中学生line文章

スポンサーリンク

告白の仕方というのは千差万別ですが、近年の中学生の間では、lineを用いたものが主流となりつつあります。
 では、そのときにどんな文章にすれば成功率がアップするのかと言えば、内容をシンプルにすることです。
 これは手紙とは違って、長文にすると最後まで読まれないことが多いためです。
また、長いと重いと感じる人が多く、敬遠される傾向にあります。
 そのため、文章を作成する前に、取捨選択をしておく必要があります。
外せないという部分を意識し、余分な部分をそぎ落としておきましょう。
 最初に結論を書き、その後に何故好きになったのかを記しておけば、効果的になります。
文章量は四百字詰め原稿用紙ならば一枚か二枚分としておきましょう。
これを目安とすれば、大きく外すことはなくなります。
 また、中学生が遠回しな表現を使うと、何を言いたいのかがぼやける傾向にあるので、なるべくシンプルな表現をすることを心がけてください。
これは自分が読みやすい文章だと感じたら大丈夫です。

スポンサーリンク

 中学生の告白の仕方としてlineを用いる場合は、送信先を間違えないことが肝要となります。
これはうっかりと別の相手に送ると、面倒なことが起きることが多いためです。
 同性の友達ならば、間違えたぐらいで済みますが、異性の友達ともなると、言い訳をするだけで大変になるので、送信先をきちんと確認しておきましょう。
 告白するタイミングとしては何か大きなイベントが終わった直後がよいでしょう。
これは定期試験や受験勉強の最中に思いを告げられても、相手も困惑してしまうからです。
 そのため、肩の荷が下りたと感じた瞬間、すかさずlineを用いるというのは、告白の仕方としては悪いものではありません。
 せっかく文章を送ったのに、相手から返事がないという場合も、焦ってはいけません。
返事を急かすと気分を害する人が多いため、気長に待つようにしましょう。
 どれだけ優れたコミュニケーションツールでも、使用する人によって結果は変わります。
そこを意識して臨みましょう。

スポンサーリンク